2017年06月24日

第58回宝塚記念

第58回宝塚記念 6/25阪神 芝2200


いよいよ明日に迫った宝塚記念。

上半期を締めくくるグランプリをもって春競馬は終了。

今年は11頭と少頭数で争われることになりました。

気のせいか、宝塚記念は少頭数で行われることが多いような感じ。

それはともかく、この頭数ならば紛れはなく実力通りの結果になりそう。

それでは早速予想に参りましょう。

とは言え、予想も何もないか。

実力通りの予想をするなら、本命はもちろんキタサンブラック。

今さら、この馬に関して四の五の注釈を並べる必要もなさそう。

今回は確たる逃げ馬は見当たらず、ユタカさんのペースでレースは展開。

無駄に競り合う馬もいないだろうし、残り4Fからのペースアップで勝負は決着。

まさに「キタサンブラック御一行様」で一回りしてくるようなもの。

各スポーツ紙は「キタサンブラックに死角なし」と紙面を躍らせているが、

死角なしというよりも、この馬に勝る馬が見当たらない。

現状、唯一の天敵とも言えるサトノダイヤモンドは凱旋門を見据えて今回はスルーだし。

そうなると興味は相手探し。

サトノダイヤモンド不在で「繰り上げ当選」となるシュヴァルグランが第一候補となるが、

やはり前走の天皇賞がメイチであり、激走の反動も心配。

さらに距離短縮はマイナス。

能力的には2番手の評価は間違いないが、今回は押さえまで。

もう一方の雄、ゴールドアクターはどうか。

前走の天皇賞は出遅れもあって7着。

その前の日経賞もパットせず、どうもピークを過ぎてしまったような感じ。

もともと中山や府中での活躍が目立ち、関西圏でのレースは今一つということもあり、

こちらも重い印は打ちにくい。

もっとも鞍上がノリさんだけに人気は集めそう。

馬よりも騎手で買われる現象になるかも。

ま、人気を吸ってくれた方が有り難いけど。

それでは相手筆頭はどうするか。

明日の天気予報は雨。

重馬場での開催を見込むならサトノクラウンをキタサンの対抗に据えたい。

今年も京都の11F戦を快勝し距離適性は言うまでもないが、

それ以上に力の要る馬場コンディションは追い風となる。

ここではスパッと切れる脚は必要なし。

むしろジリジリと進みながらキタサンに追いついてもらいたい。

そして、斤量。

今回のメンバーにおいてサトノクラウンは58を背負って十分に勝負できる。

対照的に人気を集めるシャケトラなどは斤量面でマイナス。

ただ、この馬の場合、輸送による馬体減がネック。

前走の大阪杯時は渋滞に巻き込まれたこともあり、馬体重は大幅減となった。

パドックと天候次第では臨機応変に対抗評価を変える必要もあり。

そこで他に候補を挙げるなら両ミッキー。

まずはミッキークィーン。

前走ヴィクトリアマイルで「死角なし」と一番人気に押されながら、

よもやの敗退。

どうも故障以降は左回りが苦手になった模様で、右回りに戻る今回は期待できそう。

まして得意の阪神ならばなおのこと。

ただし、牝馬限定ならともかく、牡馬の一線級相手でどこまでか。

昨年の有馬は掲示板に乗っかったので、注意は必要だが、

前走の敗退が尾を引かなければいいなと。

もう一方のミッキーロケット。

こちらは最内@番がネック。

外目の枠が欲しかったが、ここは発馬に全神経を尖らせてもらいたい。

ともかく出遅れだけは厳禁だ。

昨年はサトノダイヤモンドを追い詰めた舞台。

今回はそのライバルに猛追してもらいたいところ。
posted by ホースバックR at 09:33| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

第22回ユニコーンS

第22回ユニコーンS 6/18東京 ダート1600


ある日の馬房にて

調教師(にこやかに)
「今日も東京コースだからね。がんばってね。」

リエノテソーロ(あまり関心なく)
「ふーん、そう。」

調教師(やや改まって)
「それと今回は芝からダートに戻るからよろしくね。」

リエノテソーロ(顔色を変えて)
「何それっ!この前、芝に変わったばっかりじゃん!コロコロ変えないでよ!」

調教師(冷や汗混じりに)
「いや、それはダートの方が向いているじゃないかと思ってね」

リエノテソーロ(そっぽを向いたまま)
「そんなの分かんないじゃん!」

調教師(ひきつりながら)
「あ、あと、騎手も変更になったから」

リエノテソーロ(ブチ切れ)
「だからコロコロ変えないでよ!!!(怒)、隼人はどうしたの!?」

調教師(言い訳がましく)
「あ、あのね、先に約束が入っててね、仕方なかったんだ。今回は我慢してね。」

リエノテソーロ(ブチ壊れ)
「せっかく彼とは上手くいってたのに〜。隼人じゃなきゃヤダヤダヤダヤダ〜!」

調教師(後ずさりしながら)
「そういうわけで大野君、あとはよろしく・・・」

大野(硬直して)
「・・・ど、どうどう」

言うまでもなく、これはフィクションです。

こんなやり取りはないだろうけど、芝を走ってダートに戻ってと馬は大変。

前走はNHKマイルで低評価を見事に覆しての2着。

放牧に向かうかと思いきや、わざわざここを使う理由としては

前走の活躍から重賞タイトルに手が届くと踏んだから?

ともかく、芝で激走した後にダート出走で結果が付いてくるでしょうか。

前走のダメージはなさそうだが、芝からの「出戻り」で結果を出すのは難しい。

また、これまで主戦を務めた吉田隼人は先約があって乗り替わり。

大野がダメではなく、重賞取るなら手の内に入れている騎手を確保すべきだったか。

さすがにNHKマイルの結果だけで「格上」扱いはできないものの

今回はエピカリス不在、アディラート除外とあって強敵が去ってくれた。

その点は追い風だが、1600のタイムを物差しにすると強い印は打ちにくい。

そうなると本命はどうするか。

ここはサンライズソアで勝負。

これまではダート2戦2勝。

前走においては重馬場のオープンで勝利し勢いに乗る。

調教も坂路を好タイム。

あとはジョッキーが普段着の競馬をしてくれれば結果は付いてくる。

同レース2着のハルクンノテソーロは有力馬ながら使い過ぎの観が強い。

むしろ、2走前の伏竜Sで2着のサンライズノヴァの方が魅力的。

前走は差のない4着と着順で人気落ちるなら馬券的に美味しくなりそう。

今回はサンライズ組で本命・対抗。

さて、北の地では函館SSが開催。

高松宮記念の勝利馬が56kでの出走。

これには周囲から「ズルいっ!」との声が上がったとか。

ともかくセイウンコウセイにとっては有利に進められる。

前走は重馬場を勝利したように洋芝でも能力は発揮できるはず。

秋のスプリンターSを睨んで、ここは負けられない。
posted by ホースバックR at 16:43| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

第34回エプソムカップ 

第34回エプソムカップ 6/11東京 芝1800


春のGTレースも宝塚記念を残すのみ。

さて、今週の予想に入る前に先週をサクッと。

「ロゴタイプって、こんなに強かったっけ?」

思わず隣の人に尋ねたくなってしまった。

昨年のスローとは打って変わって存分に「強さ」を見せつけられました。

正直、勝ち馬よりもインパクト大だったのでは。

7歳にして未だ健在、と言うよりも覚醒したような観すらある。

次にロゴに会うのがとても楽しみ。

一方、勝ち馬は展開と枠順に脚質がピッタリとハマった感じ。

ようやく勲章を手にしたわけだけど、展開に左右される以上、

次回も期待できるとは限らない。

ところで本命のディサイファ君はと言うと、好位につけて「あわよくば」と期待したものの

直線に入り早々に画面から消えて行ってしまった。

昨年のマイルCSの顔ぶれと変わらないし、枠順も恵まれて勝負になるかと思ったが、

やはり年齢的にピークを過ぎてしまったようだ。

それにマイルCSの精神的なダメージが残っているのかも。

今後は小回りコースで思い切って逃げてみるのも一つ。

次走も注目しておりますよ。

さて、逃げ馬の強さはともかく、外に出さないことには勝ち負けが難しい。

もはや内は伸びてこないだろうし。

今日の予想を考える前提としては後ろから「すっ飛んで」くるような馬が狙い目かなと。

両マイネルが逃げ。

特に最内のマイネルミラノが昨年を再現する。

となると、ルージュバック役を演じるのはデンコウアンジュ?

実際、ヴィクトリアマイルで外をぶん回して2着に飛び込んできたシーンは記憶に新しい。

今回は牡馬との対決がポイント。

馬体がそれほどでもない馬が内目に入ってしまった。

ま、スタート押して行かなければ揉まれる心配もないだろうか。

ロスなく回って外に出せればチャンスありか。

前走もミッキークィーンの不利を受けても逆にやり返していたぐらいだから、

牡馬相手でも多少のことなら太刀打ちできるだろう。

心配な点としては「お釣り」が残っているか。

前走で使い果たしてしまったことも考えられる。

春4戦目とあって、そろそろ貯金がなくなってもおかしくない。

ここは押さえまでが妥当。

他の人気どころで、タイセイサミットとアストラエンブレムはいかがなものか。

斤量差がなくなり前走メイSの順位が入れ替わる可能性もありだが、

それが勝ち負けの順位とは限らない。

それにアストラにしては「8分のデキ」だの「気難しい」だの

不安要素を抱えている。

重賞未勝利馬がメイチで仕上げずに上位に食い込めるのか。

あまり、重い印はつけられない。

そもそも重賞では敷居が高そう。

その点はタイセイサミットも同様。

3歳時から「あと一歩」の馬。

こちらは「ここ目標」だが、脚質的には斤量の恩恵がなくなる。

ともかく、双方に共通している点としては前走と芝状態が異なっていること。

外差しが有利で前走同様の決着にはなりにくい。

ここは押さえまで。

やはり本命馬は追い込み勢から。

ここはヒストリカルに後ろからまとめて面倒を見てもらいましょう。

両マイネルが先手を取る上にクラリティスカイが競りかける展開が見込まれる。

ここにタイセイサミットまで加わるとペースは自然と上がるだろう。

ノリさんとヒストリカルと言えば昨年の毎日王冠が思い出される。

この時も後方ポツンから追い込んできた。

前に行くルージュバックとアンビシャスは捉えきれなかったものの、

今回はこれほどの強烈な末脚を炸裂させる馬は見当たらない。

大外のナスノセイカンが気になるところだが、

他はデンコウアンジュくらい。

これならむしろクラリティスカイの前残りに期待。

唯一のGT馬ながら斤量が据え置きの状態。

これは美味しい。

復調気配が濃厚で鞍上には田辺。

先週のロゴ同様に強さを引き出してもらいたい。


posted by ホースバックR at 10:28| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする